2022年1月4日火曜日

令和4年を迎えました

 

皆さま、明けましておめでとうございます。


今年もあそびーばーさんから素敵なお正月飾りをいただきました



 









昨年は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まり、感染も少し落ち着いてきた秋口ごろから、こころの健康について住民の方や支援者の方にお伝えする機会をまたいただくようになりました。忙しいながらも直接顔を合わせてお伝えする機会が増えたことにうれしさを感じた一年でもありました。

 

今年も状況を見ながらにはなりますが、感染対策をしながらそのような機会が増えることを願いたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ミニコーナー「あの種は今」

越冬のため飛来する渡り鳥、気仙沼にも毎年飛来します。














事務所近くの川でも白鳥たちが春まで過ごします。

寒い外でもほっこりする光景です。


2021年4月19日月曜日

令和3年度が始まりました

 

皆さま、こんにちは。

新年度が始まりました。

 

今年は、気仙沼の桜の開花が例年に比べ早いように感じます。

当センターは人事異動などもあり、新たな体制でスタートしています。

市内の中学校の校庭に咲いていた桜です



 

 














先日、市内にある反松公園の近くを通りました。この公園は、市内の最後の仮設住宅があった場所です。その場所も昨年度中には仮設住宅の解体、復旧工事が終わり、現在は元の公園に戻っています。通った日は、キャッチボールをしている人たちがいて、公園が本来の役割を果たせる時期になったことを実感しました。

反松公園からは神山川沿いの桜並木もきれいにみえます











こんなふうに、風景としては、復興が進んだように感じることが多くなりました。しかし、心の復興が風景のように目に見えるものと同じスピードで進んでいるかと言われれば、決してそうではないこともあるように感じます。

 

このような中で、有期限の自分たちに何ができるのか、しっかりと考えながら活動していきいと思います。

これまでも、地域のいろいろな方に支えていただきながら活動してきました。

今年度も皆さま、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ミニコーナー「あの種は今」


道路工事の現場で、工事現場と歩道や道路の境目などを明確にするためのアイテムを、単管バリケードというそうです。実は、気仙沼市内にはその単管バリケードの気仙沼市のキャラクター「海の子ホヤぼーや」バージョンもあるのでご紹介します。









ホヤぼーやが行き交う人の安全を守ってくれているようですね。






2021年3月31日水曜日

春ですね

 

あっという間に年度末になりました。

宮城でも桜が咲き始め、春到来ですね。











休みの時間を利用して、

開園したばかりの復興祈念公園に行ってきました。

公園からの眺め。ちょっと曇っていましたが素晴らしいです



 

 



こちらは山側です






夕暮れ









祈り













写真にはありませんが、公園には

震災で亡くなられた方のお名前が刻まれた

プレートがあります。

 

おひとりおひとりのお名前を拝見し、

手を合わせました。

 

公園近くには梅も咲いていました













 

 

さて、令和2年度も

住民の皆さまや関係機関の皆さま、

たいへんお世話になりました。

 

令和3年度は体制が少し変わります。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。