2020年4月22日水曜日

令和2年度になりました





















皆さま、こんにちは。
令和2年度がスタートしました。

例年ですと今の時期は、事業の準備をしたり、
様々な予定が入ってきたりしていますが、
今年度は、新型コロナウィルスの影響を受けて、
いつもと違う新年度スタートになりました。

気仙沼市内でもマスクや消毒液が手に入らず、
トイレットペーパーや一部の食料品も
品薄になるといった状況です。


手前にあるのが布マスクです















また、感染やその対策の状況が
日ごとに変わっていきます。
当センターも予防対策として、常時、窓と入り口を開けて、
換気をしています













職員手作りドアストッパーです
こいのぼりも飾ってくれました
























そのような中で、
「東日本大震災の時を思い出す」
というお声を、いろいろな場面で耳にします。

まだまだ分からないことが多く、先の見通しが立っていない
新型コロナウィルスの影響が人々の心にどう及ぶか、

東日本大震災の記憶がよみがえるなどで
こころの健康状態に影響が出ないか、

よくよく気をつけていかなければと感じます。


そのような中、ラヂオ気仙沼さんからお声がけを
いただき、新型コロナウィルスに関連した
こころの健康に関する呼びかけを
流していただくことになりました。
ラジオ気仙沼さんの番組表です




















417日から開始しています。
ラヂオ気仙沼さんと、
気仙沼市健康増進課さんと力を合わせて
取り組んでいます。


こういう状況だからこそ、
住民の皆さまや関係機関の方々とのつながりを
さらに大切にして、
令和2年度も進んでいきたいと思います。
よろしくお願いいたします。


ミニコーナー「あの種は今」
気仙沼の桜の風景をご覧ください。
今年も美しく咲きました。

























2020年3月31日火曜日

気仙沼市自死対策強化月間 & 三陸新報こころ通信


皆さま、ごぶさたしておりました。
あっという間に3月末ですね。

23月はコロナウィルス対策で、事業や会議の
延期や中止が続きました。

コロナウィルスについては、
収束のめどがはっきりしていない状況の中、
不安が高まって心に負担がかかるなど
住民の皆さんへの影響も懸念されます。
私たちも自分自身の予防は大前提ですが、
そのあたりも注視していきたいと思います。

そのような中、気仙沼市さんの自死対策強化月間事業が
ありました。
コロナウィルス対策のため、当初の予定より縮小しての
実施でした。
私たちもパネルの作成や展示をご一緒に行いました。

3月17日から3月25日まで、
気仙沼市役所のワン・テン庁舎2階に展示しました



知っていただきたいことをパネルにまとめました





































もともとの予定では、関連するリーフレットやグッズを
市内のスーパーなどの店頭で、みんなで配布する予定でしたが、
これもコロナウィルス対策により、店頭配布はできませんでした。
来年度は実現できると良いなと思います。

配布予定だったリールレットとグッズは、
「ご自由にお持ちください」になりました

















また、今月は311日の鎮魂の日もあり、
三陸新報さんのコラム「こころ通信」に、
今年も以下のような記事を掲載していただきました。

令和2年3月11日に三陸新報さんに掲載されました





















9年という時間を経ても、現在も震災に関係する
ご相談をお寄せいただいています。

当センターの相談室です

















令和元年度も、たくさんの人と出会い、
対話し、力を合わせて進むことができました。
皆さま、ありがとうございました。
来年度もよろしくお願いいたします。

2020年1月6日月曜日

令和2年


新しい年を迎えました。

今年もあそびーばーさんから素敵なお正月飾りをいただきました
















昨年は、台風19号の被害が気仙沼や南三陸にも残された一方で、
気仙沼では気仙沼大島の橋が開通したり、個人宅やお店などの
再建が見られたり、
南三陸では1220日に仮設住宅からすべての人の退去が
完了するなど、
見える形での復興の進展が感じられることも続きました。

そうした中、目には見えない心の面の復興は、
単純な道筋ではないことも多く、当センターへいただくご相談も
途切れることがありません。

今年も初心を忘れず、
住民の方々の声に丁寧に耳を傾け、
関係機関の皆さま方と協力し合って
いきたいと思います。

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ある災害公営住宅の方からいただいた、大島の柚子です。
お風呂に入れたり、お料理に使ったり、柚子湯にして飲んで、
ぽかぽかになりますよ~。