2020年11月24日火曜日

気仙沼市&南三陸町のパネル展示

 


 






皆さま、冬が近づいてきました。

体調などいかがでしょうか。

 

前回のブログでご紹介した、気仙沼市さんの

健康づくりに関するパネル展示に、

当センターも参加いたしました。

 

令和21019日(月)から1030日(金)までは

気仙沼市役所ワン・テン庁舎2階、

112日(月)から1113日(金)までは

気仙沼市民健康管理センター「すこやか」内で

展示されました。

市役所ワン・テン庁舎にて







 

 

 



市民健康管理センター「すこやか」にて








当センターのパネルです












また、南三陸町さんは、1110日から16日の

アルコール関連問題啓発週間に合わせて、

南三陸町総合ケアセンター内に

パネルを設置したとのことでした。

 

設置にあたっては当センターから出向している

職員が協力し、当センターで作った◯✖クイズも

活用していただきました。


総合ケアセンターの入り口近く



 





◯✖クイズは紙をめくると答えが書いてあります









どちらも市民や町民の方がたくさん通る場所ですので、

多くの人の目に触れていただけたことと思います。

 

新型コロナウイルスの感染対策を行う中で

市町の皆さんが工夫して事業を実施していることを感じました。

 

 

ミニコーナー「あの種は今」

 

先日、お休みを利用して、

気仙沼市保健推進員連合会 鹿折地区協議会さんが制作した

ウォーキングマップの「鹿折モンスターゴールドコース」を

歩いてみました。


刈った稲を干しています


 










消防車マンホール


 





海とはまた違う、気仙沼の美しい風景を眺めたり、

川のせせらぎや木の葉のすれる音をきいたりして、

良い時間となりました。




 

 


2020年10月15日木曜日

気仙沼市の啓発活動に参加しました

 皆さま、たいへんごぶさたしておりました。

いかがお過ごしでしょうか。

今夏は厳しい暑さでしたが、急に朝晩冷え込んだりして、

身体がついていかない、という方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

 

コロナウィルス対策の職員手作りドアストッパー







ハロウィーンバージョン


気仙沼地域センターの近況は、

新型コロナウイルス感染症対策を取りながら、

通常通り、個別のご相談をお受けしているような状況です。

 

訪問に向かう途中の、気仙沼大島にかかる橋からの美しい眺め

「守っています みどりの真珠 大島を」
訪問中に大島の中で見かけた、子どもたちの絵




















それ以外の事業は、3密を避けるため、

なかなか例年通りというわけにはいきませんが、

新しい形を模索しながら取り組んでいます。

 

9月の自殺予防週間に合わせ、気仙沼市さんの

自死予防に関する啓発活動に協力参加しました。

 

気仙沼市さんが作成したパネルを、

市役所本庁や支所、スーパーなど、市内6か所に

一緒に設置しました。

 

市役所ワン・テン庁舎にて










初の試みとして、より多くの市民の方に見てもらえるように

図書館にも展示しました。

図書館の1階にて


 








展示期間の終了後にも、図書館の職員さんが

心の健康に関する本の特設コーナーを作ってくれて、

いのちに関する本や相談先案内のチラシを

置いてくださっています。

 

パネル展示の他には、

ラジオ番組の中や、新聞のコラム掲載を通した

情報発信にも、一緒に取り組みました。

これには、地元のラジオ局と新聞社にもご協力いただきました。

 

10月には、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、

例年開催していた「歯と健康のつどい」と

「健康フェスティバル」に替えて、

健康づくりに関するパネル展示を行います。

 

お近くにお越しの際は、どうぞお立ち寄りください。


健康づくりに関するパネル展示

〇令和21019日(月)~1030日(金)

気仙沼市役所ワン・テン庁舎2

〇令和2112日(月)~1113日(金)

   気仙沼市民健康管理センター「すこやか」


ミニコーナー「あの種は今」












気仙沼大島の橋に次いで建設中の、大きな橋の名前が

「気仙沼湾横断橋」に決まったそうです。

開通が楽しみですね。

2020年4月22日水曜日

令和2年度になりました





















皆さま、こんにちは。
令和2年度がスタートしました。

例年ですと今の時期は、事業の準備をしたり、
様々な予定が入ってきたりしていますが、
今年度は、新型コロナウィルスの影響を受けて、
いつもと違う新年度スタートになりました。

気仙沼市内でもマスクや消毒液が手に入らず、
トイレットペーパーや一部の食料品も
品薄になるといった状況です。


手前にあるのが布マスクです















また、感染やその対策の状況が
日ごとに変わっていきます。
当センターも予防対策として、常時、窓と入り口を開けて、
換気をしています













職員手作りドアストッパーです
こいのぼりも飾ってくれました
























そのような中で、
「東日本大震災の時を思い出す」
というお声を、いろいろな場面で耳にします。

まだまだ分からないことが多く、先の見通しが立っていない
新型コロナウィルスの影響が人々の心にどう及ぶか、

東日本大震災の記憶がよみがえるなどで
こころの健康状態に影響が出ないか、

よくよく気をつけていかなければと感じます。


そのような中、ラヂオ気仙沼さんからお声がけを
いただき、新型コロナウィルスに関連した
こころの健康に関する呼びかけを
流していただくことになりました。
ラジオ気仙沼さんの番組表です




















417日から開始しています。
ラヂオ気仙沼さんと、
気仙沼市健康増進課さんと力を合わせて
取り組んでいます。


こういう状況だからこそ、
住民の皆さまや関係機関の方々とのつながりを
さらに大切にして、
令和2年度も進んでいきたいと思います。
よろしくお願いいたします。


ミニコーナー「あの種は今」
気仙沼の桜の風景をご覧ください。
今年も美しく咲きました。