2018年11月9日金曜日

11月ブログ


皆さま、ごぶさたしておりました。
あっという間に今年も残り2ヶ月をきりましたね。朝晩はだいぶ寒くなってきましたが、体調などいかがでしょうか。

先日、あるお店で出している「ついたち弁当」というものを皆で食べました。
漁師の町の気仙沼では、「ついたち十五日」は大事な日で、船頭さんの奥さんや乗組員さんの家族が航海安全と大漁を祈願しに神社へお参りする習わしがあるそうです。
そういう「ついたち」を名前に持ったお弁当を食べると、気仙沼の歴史を感じ、日々の安全を祈願をするようなちょっと改まった気持ちになりました。

漁師の町、気仙沼。
これはさんま船の出船見送りの写真です。
盛大ですね。




















さて、9月、10月はいろいろと行事が続きました。
今回はその中から、1028日の「気仙沼市健康フェスティバル」に参加した時の様子をご紹介したいと思います。

当センターは「心カフェ」という心の健康に関するブースと、飲酒と健康に関するブースを担当しました。

心カフェブースでは、リラックスしていただけるように飲みものを提供したり、心の健康に関する体験をご用意しました。


ちょっと逆行ですが、入口の様子です。












飲みものでホッと一息、いかがですか~。
学生さんもかわいいエプロンで手伝ってくれました。












“三線”の演奏を聞いていただいたり
一緒に歌っていただきました。














健康紙芝居「ストレスと高血圧」を
見ていただきました。













ストレス解消に関するパネルも展示しました。



























飲酒と健康のブースでは、お酒が飲める体質かどうかを見るアルコールパッチテストや、飲酒と健康に関する○×クイズ、個別相談を実施しました。

飲酒と健康のブースは、当センターとしては
始めての取り組みです。













ここも学生さんがお手伝いしてくれています。












アルコールパッチテストのパッチを貼っています。














〇×クイズに挑戦!
健康に害が少ない飲酒量について
などの問題です。



























当センターのブース以外にも、趣向をこらした内容が盛りだくさんで、イベントがいくつか重なった日でしたが、多くの人が足をお運びくださいました。

ご来場の皆さま、気仙沼市や関係団体の皆さま、どうもありがとうございました。




~あの種は今のコーナー~ 番外編

気仙沼市民の大事な「安波山」から望む、気仙沼の美しい風景です。
浸水したところにもだいぶ建物が建ってきました。

























































































2018年8月16日木曜日

平成30年度「心カフェ」開催しました



皆さま、こんにちは。8月の時候の挨拶に「降るような蝉しぐれ」という言葉があります。
朝にこの"蝉しぐれ"で目が覚める日があります。暑さを感じる音でもありますよね。最近の暑さは、猛暑日が続きニュース等でも「茹だるような暑さ」「命の危険を感じる暑さ」という言葉を耳にすることが多くなりました。
皆さまはどのような熱中症対策をしていますか。テレビやラジオ、インターネットからも予防や対策について情報が発信されていますよね。私たちも日々の生活の中で、暑さに対する工夫や、暑さに負けない体づくりをしましょうね。

さて、気仙沼地域センターでは、今年度の事業が始まってきましたので、ご紹介します。

その第一弾、619日に「心カフェ」1回目を開催しました。

前半は、三峰病院さんのご協力で「ストレスに関する講話」と「ハンドマッサージ体験」を行いました。
三峰病院の皆さまは、日ごろから心カフェの運営にもご協力くださっていて、参加者の方々にもお顔なじみの存在です。


         ストレス状態を車に例えて、分かりやすくお話して
         いただきました。皆さん、真剣にきいています。


        身近なハンドクリームを使ってハンドマッサージ体験。
        いい香りとマッサージでリラックス♪です。


講話と体験の後は、いつものお茶会です。


今年度は、その中で、地域の居場所を紹介する時間を設けました。
1回目の今回は「気仙沼図書館」です。職員の方に来ていただき、館内の様子や利用の仕方を分かりやすく話していただきました。 


        図書館職員さんのお話をきいて、「今度行ってみよう」
        誘い合うご様子も見られました。

        



心カフェの他にも、7月に入ってからは南三陸町で住民の方々と交流しながらアルコール関連問題の紙芝居を見ていただいたり、気仙沼市で高校生の皆さんへ“悩みを抱えた時の対処法”の寸劇を見ていただいたりしました。

いずれも関係機関の方々と協働したり、ご協力をいただきました。
見ていただいた方にも、関係機関の方にも、感謝申し上げます。

今後も様々な事業が続きますので、またご紹介していきたいと思います。






~あの種は今、コーナー~ 番外編

ちょっと時期が過ぎてしまいましたが、南三陸町で見かけたあじさいです。
美しい青い色に涼を感じていただけたら嬉しいです。



2018年6月1日金曜日

耳に残る言葉、心地よい時間を発信しています



 皆さま、こんにちは。
最近は5月とは思えないような暑い日があったり、そうかと思えば雨が降ったり、寒かったりと目まぐるしい天気が続いていますが、体調を崩されてはいませんか。天候や体調が悪く外に出るのか難しい、そんな時は、お家でゆっくりラジオを聞いてみませんか。


以前のブログでもご紹介させていただきましたが、当センターでは「ぎょっとエフエム」にてラジオ番組「Sunny days Rainy days」を制作し、放送しています。番組は毎週の放送ですので、1月の放送以来20回以上の放送となりました。

        
かわいいロゴ。目が@なのは気づきましたか?


地域の心のケアや精神保健福祉に携わる行政機関や医療機関、相談機関の皆さまにもゲストとしてご出演いただいています。その回では、各機関の内容について詳しくご説明していただいています。また、ゲストの方をより身近に感じていだだけるような質問タイムもあり、盛り上がりながら収録もさせていただいています

収録風景です



リスナーの皆さまからの心の問題に関する質問やお悩みにお答えするコーナーでは、できるだけ分かりやすくお答えしております。リスナーの方からは質問以外にも番組を聞いた感想も寄せられており、番組をやっていて良かった、と思わせていただける内容もありました。また、あるリスナーさんからは番組に素敵なイラストを送っていただきました。今後はそのイラストをロゴとして使わせていただく予定です。

こんな素敵なイラストをリスナーの方からいただきました。


 また、コミュニケーション力をあげるエクササイズのコーナーでは、様々な場面でのコミュニケーションの方法を4つのステップにして、分かりやすく説明をしています。このコーナーも好評で、実際に試したリスナーさんからの感想もいただいております。


実際に聞いてくださっている方からのお声は、私たちの励みにもなり、もっといい番組を作りたいと思う力にもなっております。今後も気持ちが晴れの日も、何かに悩んだり傷ついたりして雨の日も、ここまでやってこれている方々がこの番組を聞いてまたちょっと前に進めるかもそんな風に思っていただけるような番組にしていきたいと思います。

放送日は毎週木曜日10301100、再放送は日曜日14001430です。気仙沼市内では周波数77.5MHzで聞くことができます。また、パソコンやスマートフォン、タブレットにListenRadioをダウンロードすれば、どこでも聞くことができます。ご興味のある方はぜひ検索してみてください。


~あの種は今コーナー~
以前、いただいたムカゴがどんどん成長しています。短時間で成長する姿に生命力を感じてしまう今日この頃です。

ムカゴの隣の柿の葉っぱが日に日に小さくなっていくのは気のせいでしょうか?