2020年3月31日火曜日

気仙沼市自死対策強化月間 & 三陸新報こころ通信


皆さま、ごぶさたしておりました。
あっという間に3月末ですね。

23月はコロナウィルス対策で、事業や会議の
延期や中止が続きました。

コロナウィルスについては、
収束のめどがはっきりしていない状況の中、
不安が高まって心に負担がかかるなど
住民の皆さんへの影響も懸念されます。
私たちも自分自身の予防は大前提ですが、
そのあたりも注視していきたいと思います。

そのような中、気仙沼市さんの自死対策強化月間事業が
ありました。
コロナウィルス対策のため、当初の予定より縮小しての
実施でした。
私たちもパネルの作成や展示をご一緒に行いました。

3月17日から3月25日まで、
気仙沼市役所のワン・テン庁舎2階に展示しました



知っていただきたいことをパネルにまとめました





































もともとの予定では、関連するリーフレットやグッズを
市内のスーパーなどの店頭で、みんなで配布する予定でしたが、
これもコロナウィルス対策により、店頭配布はできませんでした。
来年度は実現できると良いなと思います。

配布予定だったリールレットとグッズは、
「ご自由にお持ちください」になりました

















また、今月は311日の鎮魂の日もあり、
三陸新報さんのコラム「こころ通信」に、
今年も以下のような記事を掲載していただきました。

令和2年3月11日に三陸新報さんに掲載されました





















9年という時間を経ても、現在も震災に関係する
ご相談をお寄せいただいています。

当センターの相談室です

















令和元年度も、たくさんの人と出会い、
対話し、力を合わせて進むことができました。
皆さま、ありがとうございました。
来年度もよろしくお願いいたします。

1 件のコメント: